ブログ(きりんのたより)天風録(2021.06)引用

天風録2021.06.25中国新聞引用「立花隆さん」
奇妙なアルバイトもこなした。何やら薬を飲まされ、30分お気に採尿させられる。今で言う治験か。訃報で「知の巨人」と評価された立花隆さんも東大生の頃は靴一足の払いさえ月賦だった。▲そこへ一通の手紙が届く。核軍縮を冠した組織から欧州の会議に誘われた。友と二人で広島の原水禁大会に乗り込み、各コクの代表団に訴えた原水爆告発の行脚が実現した。本名「橘隆志」は60年余り前の本誌に見える。今なら1千万円に上る経費を捻出すべく金欠学生は紛争した▲長崎生まれの立花さんは幼少期を大陸で過ごす。もし故郷にいたら自分は-と自伝でつぶやく▲「原爆の子」などのフィルムを担いで欧州を行脚し、旧ソ連の核を巡って賛否が発熱する現場に遭遇した。同じ頃、日本の運動には警官隊との攻防はあっても議論がない、と気付かされる。やがて組織がバスで人を動員するような運動と一線を画す。既成政党の権威を物ともせね後年の仕事に結実するのだろう▲したり顔は若者の特権、考えすぎたら行動などできない-と立花さんは記す。あの時代、無謀にも渡欧した自分がそうだった。今は立花隆志に戻り、天から若者の尽きぬ可能性に思いをはせていよう。
「自分の考え」
立花さんの人生には同感です。今の若者だったらと考えると、遠い昔の時代だったか分かりません。
原水爆禁止大会に乗り込んだ意気込みは、立派だと思います。戦争のない時代に生まれた自分たちは、幸せの世界です。高齢者が伝えなければ、だれが伝える。継承することは、大事なことであると考える。時代は、変われど戦争のない幸せな世界、仕事も大事だけれど、人生を皆に分け与えることも大切とも考える。

 

次の記事

Smily Life 7月号