天風(2016.06)

スマートフォーンなどの機器は特に若者にはなくてはならない存在です。でも依存しすぎると家族とのふれ合いを忘れていないでしょうか。では、家族とふれ合いを保つにはどうしたらいいのか、私なりに考えてみました。アイデアは3つあります。
一つ目は、食事中はスマホやテレビを見ないことです。それだけでも会話が増えて、雰囲気が変わるのです。
二つ目は、スマホなどを活用して、家族みんなでゲームすることです。
三つめは、スマホから離れてアウトドア等に行き自然に触れ合うことです。
生物学的にはサバンナの時代から変わっていないという事実が、重要なカギになる。
なぜ人間に睡眠や運動の必要性、それにお互いへの強い要求が備わっているかを理解するために。
こうした欲求を蒸し続けると、精神状態が悪くなる。しかし、私たちは年々その事実に目をせ向けているようだ。睡眠時間は減っており、先進諸国のほとんどで、睡眠障害の治療を受ける若者がこの10年爆発的に増えている。
「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン」抜粋

前の記事

□ 困難を克服する